第35回 長束バニラ・サリー・ビビ・ロコ ドッグフレンズ歴2年0ヶ月

2015-03-12

なまえ 長束バニラ・サリー・ビビ・ロコ
お誕生日 バニラ 2011年11月10日誕生
サリー 2012年6月4日誕生
ビビ 2013年12月8日誕生
ロコ 2013年12月8日誕生
ドッグ
フレンズ歴
2年0カ月
ブログ http://ameblo.jp/apricot-vanilla1110


①しつけ教室に行こうと思ったわけ

バニラは初めて飼う犬でした。生後8ヶ月の頃、犬同士のトラブルから大怪我を負いました。右顎下顎骨折・左頬粉砕骨折でした。すぐに入院し点滴治療。入院5日目で手術をしました。数ヶ月かかり完治したのですが、大きい犬に激しく吠えるようになってしまいました。無駄吠えに悩み、ドッグトレーナーさんにきてもらいトレーニングを始めたのですが、何もかわらず、3ヶ月で辞めました。どうしていいのか分からず、途方に暮れていたころ、ドッグフレンズに出会うことができました。

②教室に行ってよかったこと、犬が変わったこと

ドッグフレンズのレッスンに行き始めて、すぐにバニラは変化しました。表情が豊かになり嬉しそうにアイコンタクトが出来るようになりました。褒めることが基本のしつけ方でバニラは激変していきました。今まで、叱ることはあっても、褒めることがなかったことを申し訳なく思いました。「ハウス」「マテ」「オイデ」「オスワリ」「フセ」など出来るようになり、どこへでも連れて行けるようになりました。犬を飼う上で、飼い主が心得ておくべき重要なことを知らないばかりにバニラは大怪我を負ってしまったと思っています。今は、どんなことに注意しなければいけないか…外出時のどんな場面でもどう対処していけばいいか…たくさん学ぶ事ができています。ドッグフレンズは飼い主と犬が共に楽しんでレッスンできるので大好きです。

③犬との生活でしつけの大切さを痛感することはありますか

しつけをする前は、出かける支度を始めると服を噛んできたり無駄吠えしたり…また帰宅時には飛びついて無駄吠えしたり…と大騒ぎでした。今は落ち着いて待っていられるようになりました。愛犬との生活は10数年続きます。しつけをしていると、その10数年間を快適に楽しんで暮らせるので必要不可欠だとおもいます。

④犬との生活で楽しいこと

何でもない生活の中で、愛犬が側にいるというだけで空間に温もりを感じます。バニラが大怪我をして、数週間いなかった時、愛犬の存在の大きさを痛感しました。
念願だったバニラとサリーの仔犬を授かる事ができ、夢が叶い、今の生活が楽しく幸せ一杯です。これからもドッグセラピー・ドッグダンスなど、楽しみを増やしていきたいです。

⑤レッスンの中で心に残ったこと

「どんな犬でも悪い子なんて1人もいない」と言われた先生の言葉です。愛情いっぱいに、どの子とも接してくださる先生の姿勢が心に残っています。

⑥OBクラスについて

卒業した後もずっとレッスンに参加し続けられるのは、他にはないドッグフレンズの素晴らしい所だと思います。愛犬との生活の中で、新たな困り事や疑問ができても、いつでも聞ける人がいるということが心強いです。ドッグフレンズのOBさんは多数いっらしゃるので、先生以外にも助けていただく事もあり、私にとってかけがえのない存在となっています。

| ホーム | しつけとレッスン | レッスン内容と料金 | 交通アクセス | お気に入り商品 | わんわんアルバム一覧 | お問合わせ |

Copyright© 2011 Dog-Friends All Rights Reserved.

protein tozu yag yakici protein sohbet chat chat sohbet mynet sohbet sohbetalem