第50回 北川 あんこ ドッグフレンズ歴1年7ヵ月

2018-07-22

なまえ 北川 あんこ
お誕生日 2014年10月9日
ドッグ
フレンズ歴
ドッグフレンズ歴:1年7ヶ月


①躾教室に行こうと思った訳

先住犬リック(コーギー)。犬が苦手でした。動物病院でも先生に噛もうと威嚇しました。
コーギーは躾をしないと扱いにくいと言われ、訓練士さんを紹介されました。
リックは訓練が嫌いでした。ダメ!いけない!と禁止ばかりの躾でした。
私も何故出来ないの?と落ち込む毎日でした。
伏せ!と手で指示するとその手に噛み付きました。
噛まれても大丈夫なように皮の手袋をするように言われました。
散歩も犬がいない時間帯に行くように言われました。
犬が大好きな私が犬を嫌いになりそうでした。私を頼りにしてくれてるリックが嫌いになりそうでした。
これを続けてはダメだと思い訓練をやめました。
友達に助けて貰いながら自分なりにリックを愛し、触れ合い、可愛がり。
晩年、限られたお友達となら同じ空間で居られるようになりましたが
何処かへ出掛けたり、楽しい事を一緒に出来ませんでした。
リックを見送り1年後、凄く悩みましたが2代目の あんこを飼いました。
お友達のsnsでワンコと出掛けて皆さん笑顔の投稿を目にしました。
あんことはリックの時と同じような気持ちになりたくない。
あんこと、こういう風に過ごしてみたいと思い先生を紹介してもらいました。

②教室に行って良かった事

1番は あんこが先生を大好きな事です。
たくさん褒めて下さり、ダメなところはハッキリと。
あんこの躾教室ですが、私の勉強です。
レッスンもたのしいです。
ちょっとした困った事でも先生に話すと、ご自分が体験・経験した事を混じえてアドバイス頂きます。気持ちが楽になりました。
入門・ステップアップと回数もカリキュラムも決まっているのも
自分の目標が出来て分かりやすかったです。
あんことの生活がどんどん楽しくなってきました。

③躾の大切さを痛感すること

マンション住まいなので共有部分。特に狭い空間のエレベーターの中で住人の人と一緒になった時
少し怖がりなのですが、吠えたり暴れたりしないで抱っこで大人しく居られる事。
他の方にご迷惑をかけないですみます。
散歩や出掛けた時の飼い主のマナーも大切だと色んな飼い主さんを見て思いました。

④心に残ってる先生の言葉。

犬は賢い。犬は可愛い。だけどね、犬だからね。
だから何が起こるか分からない。
犬に失敗の経験をさせてはダメです。
どんな場合でもノーリードはダメです。

⑤犬との生活で楽しい事

家に帰って鍵を開けるとドアのところで耳無くなるくらいペタンコにして出迎えてくれます。
待ってね。と言うとお座りして尻尾を、お尻を振りながらフゥ〜ンと言っています。
もう可愛くてたまりません。
一人暮らしの私の話し相手にもなってくれます。

⑥OBクラスについて

楽しみにしていたOBクラス。
卒業して終わりではなく、初詣、少し遠出して公園などへのお散歩。
楽しい事をしながら躾の勉強は続きます。
先輩OBママさん達とワンコさん達との交流もとても楽しいです。
先生の元、飼い主の向いている方向が同じという事が私もあんこも安心できます。
今年は友達とペアでドッグダンスに 挑戦します。
水嫌いのあんこですが泳ぎもチャレンジします。

楽しい、本当に楽しいあんことのワンライフです。
私の体力と運転力が続く限り、あんこと色んな所に出掛けたいです。
その時は、リックのお骨が入ったペンダントもいつも一緒です。

| ホーム | しつけとレッスン | レッスン内容と料金 | 交通アクセス | お気に入り商品 | わんわんアルバム一覧 | お問合わせ |

Copyright© 2011 Dog-Friends All Rights Reserved.

protein tozu yag yakici protein sohbet chat chat sohbet mynet sohbet sohbetalem