第33回 堀ノ内ダッフィ

2014-12-26

なまえ 堀ノ内ダッフィ
お誕生日 2013年1月12日誕生


①しつけ教室に行こうと思ったわけ

  子どもの頃から犬が苦手だった私が、初めて犬を迎えることになり、
  何を褒めて、何を叱っていいのか・・・何もわかりませんでした。
  おまけにダッフィは、触られるのがあまり好きではないようで、
  特にトリミングでは、怒る、唸る、かむ・・・
  もちろん、家でのブラッシングや目、耳のお手入れも全くできず、お手上げで落ち込む毎日でした。
  生後3カ月で我が家にきて、その1ヶ月後から先生にお世話になりました。

②教室に行ってよかったこと、犬が変わったこと

  出来なかった家でのお手入れも、先生がダッフィをみて、ダッフィに合ったやり方を
  教えてくださるので、少しずつ出来るようになりました。
  本を読むだけでは、お手入れも、オスワリ、マテ、オイデや、アイコンタクトとかも
  できなかったと思います。
  レッスンで他の犬と一緒になることで、社会化もでき、
  またクラスの人たちとも情報交換できるし、
  教室のおかげで、ダッフィとともに前に進んでいることを感じます。

③犬との生活でしつけの大切さを痛感することはありますか

  オスワリやマテ、ミテ、などができることで、はしゃいで興奮している時、
  お散歩の時に他の犬に会った時、車が近付いてきた時など、
  いろんな場面で落ち着かせたり、待たせたり、危険を免れたりできると思います。
  また、飼い主のコマンドで落ち着くことができると、
  近所の人やこどもたちにもかわいがってもらえて、お散歩も楽しくなりました。

④犬との生活で楽しいこと

  もうすぐ2歳になりますが、少しずつダッフィの言いたいこともわかるようになってきました。
  人間の言葉じゃないのにわかった時は、ダッフィも私もすごくうれしい!
  お散歩では、ダッフィと一緒に、景色を見ながら、夕陽を見ながら、海を見ながら、
  楽しく歩いています。
  犬好きな方に声を掛けてもらったり・・・世界が広がります。

⑤レッスンの中で心に残ったこと

  パピークラスの初めてのレッスンの時のことです。
  リードをつけたままフリーにした時に、すごいスピードで走りまわりました。
  「この子、こんなに走りたかったんや・・・・」と思いました。
  私が、どう接したらいいのかわからなくて、ケージに入れている時間が長かったんです。
  「オイデ」で呼び戻しができるようになると、今はドッグランにも行けるようになりました。

⑥OBクラスについて

  先生がいろんなイベントを企画してくださいます。
  OBクラスに参加することが、何日も前から楽しみで仕方ありません。
  特にピクニックやハイキング、紅葉を見に行ったり、クルージングなど、
  私一人だと行けないところにも行けます。
  ハイキングでは、長距離山道も、ダッフィと一緒だと歩けるし、ダッフィも土の上を歩くのは、
  とても生き生きしているように見えました。
  
  通常クラスを卒業しても、OBクラスで、日々新たに出てくる問題点も先生にうかがえるし、
  とてもありがたいです。
  何といっても、悩みを先生に聞いたもらうだけで、気持ちも軽くなります。

  レッスンを受けと、私もダッフィも初心に帰るのか!? 
  しばらくの間、お散歩もスイスイいけます。
  OBになっても、通常レッスンにも参加していきたいです。

| ホーム | しつけとレッスン | レッスン内容と料金 | 交通アクセス | お気に入り商品 | わんわんアルバム一覧 | お問合わせ |

Copyright© 2011 Dog-Friends All Rights Reserved.

protein tozu yag yakici protein sohbet chat chat sohbet mynet sohbet sohbetalem